レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:2019-10-12


内臓脂肪は健康を害するリスクを高めますが、
有酸素運動を行うことで、皮下脂肪に比べると、
脂肪が素早く落ちるというメリットがあります。

しかし、有酸素運動は、
体を引き締める筋肉は付きにくいという特徴もあるので、
減量のためには、
筋肉を鍛える無酸素運動を行う必要もあるのです。

有酸素運動と、無酸素運動を組み合わせることによって、
筋肉の量が増えることで内臓脂肪を落とし、
皮下脂肪も燃焼しやすい体を作ることができます。

筋肉が付くことで、体は引き締まりますので、
アンチエイジングを考えた減量が実現できるんですね。

有酸素運動で代表的なのは
ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリングですが、
どの有酸素運動でも、きちんと呼吸を行って、
リラックスしながら行うのが良いみたいです。

呼吸を行うというのは、
ウォーキングやジョギングでも
会話ができるスピードをキープするという意味です。
会話を楽しみながら…というのが理想的なんですね。

無酸素運動は、
運動器具や短時間で素早く走るランニングが良いのですが、
高い運動器具をわざわざ購入する必要はありません。

ダンベルを使って、
ひとつひとつの筋肉を
じっくり鍛えるだけでも十分に効果がありますよ。

ただし、体に無理をさせないくらいに設定した、
重さのダンベルから始めるようにするのが大切です。

女性の場合は1キロくらいかでも十分に効果がありますので、
慣れてきたら少しずつ重さを増やすようにすると良いでしょう。

有酸素運動と、無酸素運動を組み合わせて、
理想の体作りを目指しましょう!


叶内一彰
http://www.chikyu-gakko.org/social_action/529693426.html

一条工務店の紹介
http://www.ichijo-miyagi.co.jp/

川元弓子ならおまかせ
http://scouter.geo.jp/li/uranai2.php?mr=389&nr=1799&ms=12982&np=23&mq=-90-EC-96-7B&nq=-8B-7C-8Eq

藤丸敏
http://seiji.yahoo.co.jp/giin/jimin/002040/


ホーム サイトマップ