レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

全身脱毛 横浜ならクリック
http://www.alldepi-yokohama.com/



レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:2021-05-12

ちょうど1年前のこと、
ボクの小学校時代の、それも8歳の頃の友達と再会し、
会う機会が増えて本当に嬉しいのですが…

三つ子の魂百までって言うけれど、
本当に今も波長が合って…
息子の心って本当に素直だったんだなぁ〜と思うのです。

損得なしの友達ですから、
失くしたくないと願っていたものの一つなんですよね。

その友達にはいつか逢いたい!って
実は長い間考えていたんです。

それが去年の1月、本当に偶然に再会し、
ボクは「これは奇跡だ!」と思いました。

その友達は今もそうですが…
かわいくて頭が良くて、よく伸びる歌声に憧れていました。
本当に素敵な声。

互いに成長と共に変わっていったこともあるし、
成長と共に愛しいものであったり…

息子の頃のことって案外覚えているんですよね。
大人から見るとそうでない気もしたりするのだけど…

息子時代の記憶って、
儚かったり、どこまでが現実なのかということもあるのだけど、
ちょっとした光景や情景や…
いろんな機会が昔の本当に純粋だった自分にも逢わせてくれている…

いつの間に、忘れていたんだろう…
自分が息子だったということ。

純粋に誰かのことが好きで
一緒にいたくて、そのことが楽しくて、
どの友達の家庭の事情も知っていたり知らなかったり、感じていたり、
でもそんなことはどうでも良くて…

ただその友達や家族がいて、
ボクもいて、ボクの家族もいて…

みんな家庭の環境も
その後の進路も人生も全然違うのが当たり前。
なのにいつからか社会の波にみんな少しずつ飲まれていって…

息子の頃の友達と再会して、
忘れていた大切なものを
どんどん取り戻しているような気がします。

ホーム サイトマップ