レーシックでの視力回復について

レーシックでの視力回復について


レーシックでの視力回復について
レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。





レーシックでの視力回復についてブログ:2021-10-19

ボクたちの肉体には、
一日約25時間という体内時計が備わっています。

体内時計が一日約25時間だと、
だんだん生活する時間がずれてきますが、
ボクたちは午前中の光を浴びることで、
一日24時間の生活になるように調節しています。

光を浴びて網膜が刺激されると、
肉体は「午前中」と認識して
「夕方」の休息モードから活動モードへと切り替えます。
このようにして睡眠時間や
体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しているのです。

体内時計は、
肉体の中のあらゆる機能調整に
影響を及ぼすことが分かってきています。

肉体の中のさまざまな器官は
体内時計に合わせて活動しているので、
リズムが崩れると満腹を感じる機能の低下や、
糖や脂肪を燃やしやすくするという機能が衰え、
肥満になりやすいと言われています。

また、体内時計のリズムが崩れると
夕方眠れなくなったり、午前中起きれなくなったりします。

例えば、睡眠を誘うホルモン(メラトニン)は
明かりを消したときにたくさん分泌されます。

ところが電気をつけて、
夕方遅くまで起きているとメラトニンは分泌されず、
眠くなりません。

このように体内時計のリズムが崩れると、
肉体がだるくなったり、めまいがしたり…と
肉体の調子を崩しやすくなり、不健康な生活となってしまいます。

体内時計を正常に治すには…
午前中は決まった時間に太陽の光を浴びるようにして、
11時間、外に出る機会をつくり、
できるだけ規則正しい時間に食事をとりましょう。

特に午前中食は必ずとり、早く血糖値をあげ、
一日のリズムを作りやすくしましょう。

ダイエットには
体内時計を正しいリズムで刻むことが大切ですよ!

レーシックでの視力回復について

レーシックでの視力回復について

★メニュー

レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックでの視力回復について
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシック!納得の視力回復術