医師選びは知識と経験が大切

医師選びは知識と経験が大切


医師選びは知識と経験が大切
レーシックの手術を行うのは、医師であり人間なので、どうしても多少なりの失敗を引き起こしてしまうことがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。

レーシックというのは、既に欧米におきましては10年以上の実績を誇る比較的有名な手術方法となっています。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックの手術は当たり前のことですが、眼科の専門的な知識は必要となってきますが、それと同様にレーシックの手術でどれだけ実績を持っているかが重要なこととなります。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。





医師選びは知識と経験が大切ブログ:2021-10-24

ダイエットの基本中の基本と言えば、
「記録」すること。

食事制限して、トレーニングしても、
それがどれくらい効果のあるものなのかを調べるには
体重や体脂肪率を記録してないことには、わかりませんもんね?

それ以外にも、みなさんは、
きちんと1日で食べたものを全部書き出して振り返っていますか?
これって、ダイエットにすごく役立つんですよね!

試しに、
今日1日、くちにしたものを
すべて思い出して書き出してみてください。

8時お昼ばんの三食だけじゃなく、
ちょっとつまんだおやつとか、休憩中に飲んだジュースとかも。

慣れてきたら、
肉・魚・野菜・おやつみたいにジャンル分けしてみてもいいでしょう。

おいらは、食べた時刻や食事にかけた時間なども、
出来る限り書くようにしています。

これをすることで
ざっくりとカロリー計算ができるのはもちろん、
自分が1日でどの程度食べているのか、
生活のリズムがどうなっているのか、
自分の食生活がはっきりと見えてくるんですよね。

「おいら、そんなに食べてないのに太った!」
なんて言う人がいますが…

感覚だけでそんなに食べてないつもりでも、
書き出してみると、
実際はたくさん食べていたり、
摂っているつもりでも意外と野菜が摂れていなかったり、
そこには必ず太る理由が隠れているもんです!

自分の食生活の問題点に気づくことができたら、
それをひとつひとつ修正していけば、
なにかしらのダイエット効果が現れるはず!

例えば…
おやつを食べ過ぎたと思ったら、次の日は間食を我慢してみたり、
不規則な時間に食べているなと感じたら、
三食きちんと時間を決めて食べるように意識できたりしますよね。

医師選びは知識と経験が大切

医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックでの視力回復について
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシック!納得の視力回復術