一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2021-09-17

血液中のブドウ糖というのは、
俺たちが生きていくためのエネルギー源になります。

しかし、
血液中にブドウ糖が多すぎる高血糖状態になると…

「生活習慣病の引き金になる」
「血圧が上がる」
「体重が増えやすくなる」
「血液がドロドロになる」など、

俺たちの体質に
さまざまな悪影響を及ぼします。

高血糖を改善するには適度なトレーニングと
連日の食べる事の中で、
主食(ご飯・食パンなど)、
主菜(タンパク質の多いおかず・魚・肉・卵・大豆など)、
副菜(野菜料理)の
バランスがとれた食べる事をとる事がポイントになります。

血糖値を下げる効果のあるものは
「食物繊維」です。
野菜や海藻、大豆などの豆類などに多く含まれます。

このような食材は胃の中に留まる時間が肉より長く、
消化吸収を終えるまで時間がかかるので、
食べる事の後の急激な血糖値上昇を防ぎます。

それに噛む回数が自然と増え、
少量の食べる事でもお腹の満足感を得やすくなります。

また、
料理の上に醤油や塩をかけるのではなく、
小皿にとって、それに料理を少しずつつけて食べるようにすると
調味料の量を減らすことができますよ。

そして、揚げ物はなるべく控えて、
蒸す、煮るなどで脂分を落とし、
カロリーカットができる料理方法選びましょう。

加えて、
ビールや外食をなるべく控えることも大切です。
どちらもカロリーが高く、
ビールは食欲を増進してしまいます。

外食では脂っこいものより定食など、
野菜が不足しないようなメニューを選ぶようにしましょう。

これらの点に注意して
適度なトレーニングと1日3食を規則正しく、
バランスよくとる事が大切ですね。


ホーム サイトマップ