レーシックは両目に限ったことではない

視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 



レーシックは両目に限ったことではないブログ:2021-04-25

減量をしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
減量失敗を繰り返していたぼく。

ぼくの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、おやつを食べてストレス解消。
子どもたちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は妹とともに、深夜にチューハイ+おつまみで乾杯。
子どもたちが残したライスは、
もったいないので腹がいっぱいでも食べてしまう。
子どもたちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

減量を始めても
この習慣はなかなか止められず
特におやつの誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
おやつを食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

おやつって、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食べる事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けておやつを食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いおやつも、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
減量中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しく減量をしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられる減量をしていきましょう!


ホーム サイトマップ