悩みの遠視もレーシックで治療

レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

 

そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。
ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

 



悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:2021-04-22

現在、妊娠中や出産直後のママの中には、
妊娠前の体型に戻ることができるのか不安な方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

出産して赤ちゃんが産まれれば、
羊水や胎盤なども出て、
合わせて7〜8キロは体重が減るだろう…と
思っている方もいるでしょうが、
実際はそんなに減りません。
4キロぐらいしか減らないことも少なくありません。

出産後に赤ちゃんに母乳をあげることで、
自然と体重が減っていくということもありますが、
誰もが十分に母乳がでるとは限りませんよね。
そんな人は、産後減量を頑張るしかありません。

ただ、
産後減量をする際には、
いくつか注意点があります。

まず、
出産後すぐの激しい体操は控えましょう。

まだ出産の疲労も残っていますし、
体が正常な状態に戻っていませんので、抵抗力も低下しています。

そんなときに激しい体操をしてしまうと、
いろいろな疾患を起こしてしまう恐れがあります。

出産直後は、
まず7日間ほど、腹式呼吸や胸式呼吸を行なってください。
その後、体の調子が良ければ、
少しずつ産後減量を始めるのがベストです。

最初はウォーキングなどから軽く始めて、
徐々に体操量を増やしてみるのがいいと思います。
そして、
体が十分に慣れてから
骨盤減量を始めると効果的ですよ。

絶対にしてはいけないことは、
体操制限による減量です。

赤ちゃんに授乳するための大事な時ですので、
ママも十分な栄養をとって、
質の良い母乳を与えてあげなくてはいけません。

ですから、
バランスのよい食べる事を摂ることを心がけましょう。
そして、おやつなどの間食を控えるようにするといいと思いますよ

ホーム サイトマップ